ネオダイビング

東京のスキューバダイビングスクールなら【ネオダイビング】

ダイビングスクール ネオダイビング

ダイビングスクール ネオダイビング TOP> ダイビングライセンスについての基礎知識

ダイビングライセンスについての基礎知識

スキューバダイビングはライセンスを初めて取得する方のための入門コースをはじめ、スペシャルティコースやプロコースまで段階によって様々な資格取得のコースがあります。

・・・つづきはこちら

ダイビングライセンスと呼ばれているのはCカードの事で、スキューバダイビングに必要な知識と技量があると証明になります。Cカードはランクにより様々な種類があります。

・・・つづきはこちら

通常ライセンス取得には、 ダイビングの基礎的な知識をつける学科実習に半日、 プール実習(限定水域講習)に半日、 海洋実習(4本の講習ダイビング)に2日で、3~4日ほどかかります。

・・・つづきはこちら

ライセンスの取得には、一般的には7~10万円程かかります。 これには海洋講習費、プール講習費、器材レンタル費、保険代、 学科講習費、テキスト代、最終試験費、申請費が含まれています。

・・・つづきはこちら

ライセンスを取得すると 水深18mまで潜ることができ、また、バディと一緒に計画を立て、世界中の海でダイビングを楽しめます。 ダイビング器材の購入やレンタルのサービスも受けられます。

・・・つづきはこちら

海外や南の島など暖かくキレイな海でスキューバダイビングのライセンスを取得するツアーが人気です。ダイビングショップやツアーによって内容も異なりますので事前にチェックしましょう。

・・・つづきはこちら

スキューバダイビングは泳げなくても出来るスポーツです。スキューバダイビングのライセンスは健康な体とダイビングを楽しみたいという気持ちさえあれば初心者でも簡単に取得出来ます。

・・・つづきはこちら

日本では「スキューバダイビング=若者のスポーツ」というイメージがあります。確かに若者が多いのですが、最近では中高年でスキューバダイビングを始める人も増えています。

・・・つづきはこちら

ダイビングライセンスは通常三日で取得出来ます。その為、週末を利用すれば、二週間でライセンスを取得することが出来ます。平日に仕事がある人でもライセンスを簡単に取得出来ます。

・・・つづきはこちら

ダイビングを開始する場合、どこのダイビングショップで、自分のダイビングライフをスタートさせるかが非常に重要になります。失敗しないショップ選びのポイントを紹介します。

・・・つづきはこちら

東京にある都市型ダイビングショップは、「ダイビングに関する総合コンサルティング業」と言えるかも知れません。ファンダイビングツアーを開催し、色々な相談にも乗ってくれます。

・・・つづきはこちら

ダイビングは“器材のスポーツ”と言われるものなので、自分専用の器材を持つことをお薦めします。ネオダイビングでは、カードによる分割払いやローンで器材の購入ができます。

・・・つづきはこちら

スキューバダイビングは、年に1回または100ダイブに1回程度を目安に器材のオーバーホールを行いましょう。長期間使っていない場合、劣化した箇所がある場合は速やかに対処を。

・・・つづきはこちら

ダイビングの器材は、重器材と軽器材に大別されます。いずれもフィット感を重視して選びます。ビギナーはまず軽器材一式を購入し、興味が深まったら重器材を揃えていきましょう。

・・・つづきはこちら

ライセンス取得入門コース無料説明会のお申込み・お問い合わせは

PAGE TOP